Archives

賃貸住宅入居時の緊急連絡先に嘘の連絡先を記入したら問題になる?

アパートやマンションなどの賃貸住宅に入居する際に、虚偽の緊急連絡先連絡先を申請したらどうなるのでしょうか?不動産会社や保証会社に嘘がバレた場合には、契約違反として問題になることは当然ですが、本当のところ嘘の緊急連絡先を不動産会社や保証会社は見破ることができるのでしょうか。

賃貸の緊急連絡先を引き受けた時のトラブル!滞納した家賃を支払うの?

賃貸住宅入居時に緊急連絡先を引き受けたが、その友人が不動産にも連絡もせず、家賃を滞納したまま、家財道具やゴミもそのままで行方不明になるトラブルは十分起こりえます。緊急連絡先を引き受けることで、不動産会社や保証会社とトラブルになるリスクについて考えます。

賃貸住宅への入居審査において、なぜ家賃保証会社に緊急連絡先の登録が必要?

アパートやマンションなどの賃貸住宅に入居の際には、家賃保証会社との保証契約で連帯保証人は不要となる一方で、家賃保証会社に緊急連絡先の登録は必要です。家賃保証会社にとっての緊急連絡先の登録にはどのような必要性があるのでしょうか?

連帯保証人がいても家賃保証会社を使うの?損をしないための基礎知識

昨今では入居者が家賃保証会社を利用しないと契約できない賃貸物件が増えてきました。「家賃保証会社」の利用料は入居者の負担になることから、連帯保証人を立てることができる入居者の中には、「家賃保証会社」を利用したくないという要望もあります。入居者の要望で「家賃保証会社」を拒否することができるのか考えていきます。

高齢者は賃貸住宅が借りられないって本当?現実から対処法までを解説

高齢化が進む中、一人暮らしをする高齢者も増えています。高齢の方が今住んでいる部屋を立退きして次の住まいを探すことになった場合に、一般的に賃貸住宅は、70歳を過ぎると借りられる物件が少ないと言われていますが実際にはどうでしょうか?

子供に緊急連絡先になって欲しいと頼まれましたが不安です?役割や責任範囲を解説

子供や親族が賃貸のアパートやマンションを借りる際に、緊急連絡先になって欲しいと頼まれることがあります。このような場合に安心して引受けできるように緊急連絡先の役割と責任範囲について解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました