高齢者は賃貸住宅が借りられないって本当?現実から対処法までを解説

高齢化が進む中、一人暮らしをする高齢者も増えています。高齢の方が今住んでいる部屋を立退きして次の住まいを探すことになった場合に、一般的に賃貸住宅は、70歳を過ぎると借りられる物件が少ないと言われていますが実際にはどうでしょうか?

高齢者は賃貸アパートが借りられないって本当?

高齢者は賃貸物件を借りられない?高齢者の場合は、賃貸物件を借りる場合もに70歳前後を目途に貸主(大家)や不動産会社から入居を断られるケースが増えてきます。

高齢者が賃貸物件への入居が拒まれる理由には、入居者が孤独死した場合に物件の価値が低下するというリスクと、収入が少ないため「家賃を滞納」するのではないかという事を、貸主(大家)、不動産会社、保証会社が懸念することがあげられます。

高齢者が借りられない理由

■ 孤独死
高齢者が部屋内で万が一死亡して、しばらく発見されなかった場合には遺体の傷みが進行して、物件の資産価値が著しく低下するという懸念
■ 家賃滞納
高齢者の場合、すでに仕事を定年退職しており、収入が年金だけということが多いため「家賃を滞納するのでは?」という懸念

「家賃保証会社」で借りやすくなってきたが

家賃保証会社で借りやすくはなったが?高齢者に限らず、賃貸物件を借りる際には、家賃を支払わなかったときなどに備えて「連帯保証人」を立てる必要があります。

「家賃保証会社」によるサービスの利用が一般的になったことにより、高齢者がアパートを借りる際にも連帯保証人が不要でも大丈夫というケースも増えてきました。

従って、高齢者がアパートが借りられるかどうかは「家賃保証会社」の審査に通るかというところが、ひとつのポイントになります。


ここで、問題になるのが「家賃保証会社」を利用する場合には、現状では「緊急連絡先」の登録が必須になっていることです。高齢者の場合には、緊急連絡先として「近くの親族」でないと保証会社の審査に落ちることも多くあります。

高齢者がお部屋探しをする上で、緊急連絡先がいないために保証会社の審査に通らないので賃貸契約が出来ないといった事態が生じています。

まとめ

今後、ますます高齢化が進むため、賃貸物件に住む高齢者も増えていきます。高齢者が部屋を借りる際には、子供をはじめ家族の協力がとても重要です。緊急連絡先として子供たちがなることで入居審査に通る可能性が高くなるからです。

高齢者が賃貸物件を借りる際に、家族に頼れない場合には「シニア入居可」などの高齢者を対象にした物件であれば入居できる可能性は高くなりますが、まだまだ物件数は多くありません。

親族がいないシニアの方が、一般的な賃貸物件を借りるのであれば、緊急連絡先として近くに住む「友人」にお願するか「ケアワーカー」にお願いしてみるのも一つの方法です。

また、UR賃貸住宅が高齢者等向け賃貸住宅を提供していますので、こうした物件を利用する方法も考えられます。

緊急連絡先代行サービス
高齢者がアパートやマンションなどの賃貸住宅に入居を検討しても、借りられる物件が少ないのが現実です。物件のオーナー(大家)が、借主が孤独死することでお部屋の資産価値が下落するのを危惧するのが大きな要因です。また高齢者の場合には身寄りがいない場合が多く、入居者に万が一があった場合の「緊急連絡先」がないことも背景にあります。当社の「緊急連絡先代行サービス」は、こうした方に対して法人名義で緊急連絡先をお引受けすることで、誰でも賃貸住宅に入居できる社会を実現することを目的としています。
タイトルとURLをコピーしました