連帯保証人がいても家賃保証会社を使うの?損をしないための基礎知識

「家賃保証会社」の創業当時は、主に「家賃保証会社」は連帯保証人がいない方が利用していたのですが、昨今では入居者が自分で連帯保証人を立てることができても家賃保証会社を利用しないと契約できない賃貸物件が増えてきました。「家賃保証会社」の利用料は入居者の負担になることから、連帯保証人を立てることができる入居者の中には、「家賃保証会社」を利用したくないという要望もあります。入居者の要望で「家賃保証会社」を拒否することができるのか考えていきます。

そもそも連帯保証人とは

お部屋の賃貸借契約における「連帯保証人は」、お部屋の借主の義務を連帯して負う人のことです。「家賃の滞納」や「建物の損害賠償」など、借主が負うべき義務を果たせない場合には、連帯保証人がその義務を負うことになります。

このような重い責任がありますので、一般的には、借主の、両親や親戚等を連帯保証人として立てることが多いでしょう。

家賃保証会社の役割

しかし、実際に家賃の滞納などがあった場合に、不動産会社が連帯保証人に連絡をしても「連絡を取れない」ケースや「滞納家賃の支払いを拒む」ケースがあり、物件オーナー(大家)が泣き寝入りすることが多々ありました。

こうしたリスクを軽減するために「家賃保証会社」の利用が増えてきました。家賃保証会社に保証委託料を支払うのは、入居者ですので物件オーナーには金銭的負担が生じないのも急速に広がった理由として挙げられます。

さらに物件オーナー(大家)のリスクを減らすために「家賃保証会社」「連帯保証人」も必須という賃貸物件もあります。

一方で、入居者にとっても、金銭的負担はあっても、連帯保証人がいなくても賃貸物件を契約できるというメリットもあります。

連帯保証人がいても家賃保証会社は必須?

連帯保証人がいても家賃保証会社を使わなければならないの「家賃保証会社」の利用料金は、入居者が負担しなくてはなりません。したがって、「連帯保証人」がいるから、家賃保証会社を利用したくないというご要望もあるでしょう。

これまで説明してきたとおり、「家賃保証会社」の利用は物件オーナー(大家)にとってのリスク回避の目的があるため、入居者の希望で「家賃保証会社」を利用しないというのは、中々理解を得るのが難しいでしょう。

昔ながらの不動産会社の場合には「家賃保証会社」を使っていない場合もあります。したがって、連帯保証人を立てられるので「家賃保証会社」を利用したくないというという場合には、町に古くからある不動産会社等に確認するのもひとつの方法です。

まとめ

現在では、賃貸物件入居時の「家賃保証会社」の利用は当たり前になりつつあります。貸す側、借りる側、両者にとってメリットのある仕組みではありますが「家賃保証会社」への支払い負担のある入居者にとっては、必要ないと考える方もいるでしょう。しかし「家賃保証会社」への加入を必須とうたっている賃貸物件の場合には、物件オーナー(大家)の意向が反映していることが多いため、これを拒否することは難しいでしょう。

緊急連絡先代行サービス
アパートやマンションなどの賃貸住宅にご入居時に「家賃保証会社」への加入を必須とうたっている賃貸物件の場合には、連帯保証人が立てれるという理由で拒否をすることは難しいでしょう。また「家賃保証会社」の利用には「緊急連絡先」の登録が必須です。したがって、緊急連絡先が立てられない方は「家賃保証会社」の審査に通らないため入居を断られてしまいます。当社の緊急連絡先代行サービスは、こうした方に対して法人名義で緊急連絡先をお引受けすることで、誰でも賃貸住宅に入居できる社会を実現することを目的としています。
タイトルとURLをコピーしました