賃貸住宅入居時の緊急連絡先に嘘の連絡先を記入したら問題になる?

アパートやマンションなどの賃貸住宅に入居する際に、虚偽の緊急連絡先連絡先を申請したらどうなるのでしょうか?後々、不動産会社や保証会社に嘘がバレた場合には、契約違反として問題になることは当然です。実際には、嘘の緊急連絡先を不動産会社や保証会社は見破ることができるのでしょうか。

緊急連絡先に嘘の連絡先を書く事情

嘘の緊急連絡先を書く

賃貸住宅に入居時には、緊急連絡先の申請が求められますが、緊急連絡先を頼む、ご家族と疎遠であったり、 夫から暴力を受けている 友達に頼むのも気が引けるなど、こうした事情を抱えて 致し方なく嘘の緊急連絡先を申請することが多いでしょう。

虚偽の緊急連絡先はバレることが多い

賃貸住宅入居時の緊急連絡先に嘘の連絡先を記入したら後々で問題になる?まず入居審査の際に、特に大手の保証会社や不動産会社であれば、緊急連絡先に確認の電話連絡がいくことが多いので、まったくデタラメな電話番号等であれば、入居審査の時点で拒否されます。

一方で、契約者と緊急連絡先を装う方が事前に打ち合わせをして、家族のふりをすれば入居審査の場は乗り切ることができるかもしれません。

しかし、緊急連絡先は、家族が望ましいとされていますが、事情があれば、友人等でも認められるケースもあるので、わざわざ、嘘をつかないで、事前に不動産会社に事情を説明して理解を得ることが望ましいでしょう。

もちろん、賃貸の緊急連絡先には、緊急時の連絡先としての役割がありますので、入居者と連絡が取れない場合や、火事などの緊急を要する場合には、実際に緊急連絡先に連絡が入る可能性があるので、虚偽の連絡先を申請しても後々、不動産会社に虚偽の申請が発覚することがあるのは言うまでもありません。

まとめ

賃貸住宅入居時の緊急連絡先に虚偽の連絡先を申請するのは契約違反ですので、嘘が発覚した場合には、最悪、部屋を追い出される可能性がないとはいえません。

一旦虚偽の申請が発覚すると、そのお部屋を借りられないばかりか、同じ不動産会社や保証会社の利用が難しくなるので、金銭的に切迫していないのであれば「緊急連絡先代行サービス」のご利用等を検討されてはいかがでしょうか。

緊急連絡先代行サービス
アパートやマンションなどの賃貸住宅にご入居時には、不動産会社や保証会社から「緊急連絡先」の登録を求められますが、その際に、何らかのご事情で緊急連絡先が立てられないからといって虚偽の連絡先を申請すると契約違反で後々トラブルにつながります。当社の緊急連絡先代行サービスは、ご事情があって緊急連絡先を立てられない方に対して法人名義で緊急連絡先をお引受けすることで、誰でも賃貸住宅に入居できる社会を実現することを目的としています。
タイトルとURLをコピーしました