孤独死問題

孤独死が増えている問題

昨今、少子高齢化社会になっていることもあって孤独死する高齢者の問題が社会問題になっています。
孤独死してしまうと、発見が遅れるなどして「子どもに迷惑がかかる」ことが心配という責任感と強い方も多いようです。

こうした不安を解消するには、離れた家族が定期的に連絡を取ることが最も一般的で有効な方法でしょう。
しかし、高齢者の中には離れて暮らす家族に迷惑をかけまいという思いを自分で抱え込んでしまう方が多数います。

特に男性の場合こうした傾向が強いようです。死後1ヶ月以上経過してから発見される割合は男性が女性の約6倍という調査結果もあります。この男女間の大きな差は、男性は近所付き合いなどをせず家族に頼まないためと推察されています。

また、物件オーナーや不動産会社は、高齢者にお部屋を貸して、万が一、孤独死して長時間放置されると不動産価値が下落するのを心配して高齢者には、お部屋を貸さないといったケースが多いのも孤独死に関する大きな問題のひとつです。

 よくあるお悩み

孤独死問題

一人暮らしをしているのですがコロナウィルスの広がりなどもあって孤独死しないか心配です

一人暮らしをしていて今は健康状態も心配なのですが、最近、コロナウィルスで急激に病状が悪化するというニ...
タイトルとURLをコピーしました