コロナウィルス不況に伴う収入減で家賃支払いが困難なので今より安い物件に引っ越したい

緊急連絡先
コロナウィルスの自粛が広がっている中で経営する飲食店の売り上げが落ち込んでしまったため、今住んでいるマンションから安いアパートに引っ越しをしたい。

コロナ不況に伴う収入減で、賃貸住宅の家賃支払いが困難になる人が増えています。収入の減少により家賃の支払いが難しくなって家主に立ち退きを命じられるケースも増えています。

より安価なアパートに親族に秘密で引っ越したい

そのため、より低額な賃貸住宅に住み替えたいという需要が増えています。安いアパートに引っ越すことは、別に悪いことしているわけではありませんが、できれば親族や友人には内緒で引っ越しをしたいというご希望も多く寄せられています。

「家族」「友人」に緊急連絡先を頼めないなら?
緊急連絡先代行サービス
賃貸物件ご入居時に、当社を「緊急連絡先」としてご登録いただくためのサービスです。一般的に賃貸物件をご契約の際に緊急連絡先の登録を求められます。その際に「ご家族と絶縁」「友達に頼むのも気が引ける」「誰にも居場所を知られたくない」などの理由で緊急連絡先が立てられない⽅に対し当社が法人名義で緊急連絡先をお引受けいたします。
緊急連絡先代行・孤独死早期発見|賃貸問題解決| 一般社団法人フース
タイトルとURLをコピーしました