家族と絶縁しているので友人に「緊急連絡先」をお願いしたのですが不動産屋に断られました

緊急連絡先
私には事情があって家族と絶縁したのですが部屋を借りる事になり、保証自体は保証会社を利用するのですが、その際に保証会社から「緊急連絡先が友人となってますが親族で記入をお願いしたい」といわれてしまいました。

したがって家族に緊急連絡先を頼めない場合には、友人や会社の先輩に頼むのが一般的です。
それでもご契約者の条件「年齢」「収入」などによっては家族にお願いするように言われる場合もあります。

保証会社に求められる緊急連絡先の優先順位は親族>友人の順です

こうした場合にはぜひ、当社の「緊急連絡先代行サービス」をご検討ください。

「家族」「友人」に緊急連絡先を頼めないなら?
緊急連絡先代行サービス
賃貸物件ご入居時に、当社を「緊急連絡先」としてご登録いただくためのサービスです。一般的に賃貸物件をご契約の際に緊急連絡先の登録を求められます。その際に「ご家族と絶縁」「友達に頼むのも気が引ける」「誰にも居場所を知られたくない」などの理由で緊急連絡先が立てられない⽅に対し当社が法人名義で緊急連絡先をお引受けいたします。
緊急連絡先代行・孤独死早期発見|賃貸問題解決| 一般社団法人フース
タイトルとURLをコピーしました