緊急連絡先に嘘の連絡先を申請したのがバレて、部屋を追い出されそうです

緊急連絡先
お部屋を借りるときに、緊急連絡先を頼める家族や友人がいなかったので、デタラメな緊急連絡先で入居審査に通ったのですが、家賃を滞納して督促の電話を無視していたところ、家賃保証会社が緊急連絡先として申請していた電話番号に連絡をしたことで、緊急連絡先の電話番号が虚偽であることが発覚してしまいました。改めて緊急連絡先を申請し直さないと部屋を追い出されそうですが、頼める人がいません。

不動産会社や保証会社によっては、入居審査の際に緊急連絡先に確認の連絡をしない場合もあります。この場合には、虚偽の電話番号を申請して、入居審査に通ることは可能です。

しかし、緊急連絡先の本来の役割として、入居者に万が一のトラブルがあった場合や、家賃滞納の際に連絡がつかない場合などには、不動産会社や保証会社から、緊急連絡先に連絡がいくことがあります。

万が一、虚偽の申請が発覚した場合には契約違反になりますので、今後、不動産会社や保証会社の利用が難しくなるだけではなく最悪の場合に、退去するように言い渡される恐れもあります。

「家族」「友人」に緊急連絡先を頼めないなら?
緊急連絡先代行サービス
賃貸物件ご入居時に、当社を「緊急連絡先」としてご登録いただくためのサービスです。一般的に賃貸物件をご契約の際に緊急連絡先の登録を求められます。その際に「ご家族と絶縁」「友達に頼むのも気が引ける」「誰にも居場所を知られたくない」などの理由で緊急連絡先が立てられない⽅に対し当社が法人名義で緊急連絡先をお引受けいたします。
緊急連絡先代行・孤独死早期発見|賃貸問題解決| 一般社団法人フース
タイトルとURLをコピーしました