連帯保証人は保証会社を使いますが 緊急連絡先になってくれる人がいないため契約できません

緊急連絡先
仕事の都合で引っ越しが必要になりました。私の両親はすでに他界している上に、親戚とも疎遠なため親族に緊急連絡先を頼むことは困難です。緊急連絡先を頼めるほどの友人もいません

お部屋を借りる際には、不動産会社や保証会社に緊急連絡先を申請する必要があります。

緊急連絡先には、入居者と関係性の近い親や子供などが望ましいとされますが、緊急連絡先の場合には入居者の友人でも認められるケースもあります。

しかし、入居者の収入が低い場合や、年齢が若い、高齢である場合などには、不動産会社や保証会社の判断で、親族でないと入居審査に通らないこともあります。

「保証会社」の審査に通らないと、現在では保証会社への加入必須とされているアパートやマンションがほとんどですので、お部屋を借りることはできません。

「家族」「友人」に緊急連絡先を頼めないなら?
緊急連絡先代行サービス
賃貸物件ご入居時に、当社を「緊急連絡先」としてご登録いただくためのサービスです。一般的に賃貸物件をご契約の際に緊急連絡先の登録を求められます。その際に「ご家族と絶縁」「友達に頼むのも気が引ける」「誰にも居場所を知られたくない」などの理由で緊急連絡先が立てられない⽅に対し当社が法人名義で緊急連絡先をお引受けいたします。
緊急連絡先代行・孤独死早期発見|賃貸問題解決| 一般社団法人フース
タイトルとURLをコピーしました